ENTERTAINMENT

  • 星野塾

流れは変わった?全力を尽くして鈴鹿を戦う

第2戦を終えて

カルソニックカンセイさんとは長いお付き合いをさせていただいて、本当に感謝しています。日本ラヂエータ、つまり”ニチラ”時代に始まって、アメリカ進出を機にカルソニックという社名になり、現在の透き通るようなカルソニックブルーというカラーが生まれてずっとそれを背負って来た。最高にいい色で、あれこれ凝ったデザインをしてもこの色にはかなわない。どこを走っていてもすぐ分かるし素晴らしいと思っているよ。

今回の新聞報道でもあったように、”カルソニック”というブランドが”マレリ”に変わるのは、事前に説明を受けていたし、驚いたりはしなかった。カルソニックカンセイさんが大きな企業になるわけだし、これも時代の流れ。収益を増やしていくための選択なのだから、世界で戦うためには仕方がないことなんだろうね。

さてレースの方だけれど、GTにしてもフォーミュラにしても何かが起きる。GTは開幕戦も富士も本来の速さがなかった。機械的なものなのか、メンテナンスの仕方が良くなかったのか、セッティングなのか、ドライバーなのか……。突き詰めていくと監督が悪いってことだよね。ガツンと行きたいけれど、どうやればいいのか見えない。テストでは起きなかったことが本戦では起きる。

何やってんだって怒るとスタッフは縮んじゃうし、自分が全体をつかめなくなっているのは事実。まぁなるようになるしかないのかなと。そういう意味ではスーパーフォーミュラのオートポリスラウンドでは大逆転で素晴らしいレースができた。これでTEAM IMPUL全体の流れが変わったと信じたいね。鈴鹿ではまだウェイトハンディも11kgと軽いし、全力を尽くすだけ。安心は禁物だけど、なんとかここいらで持っているポテンシャルを存分に発揮して喜びたいよ。

今年のGTは開幕から2戦連続で天気に恵まれていない。これはせっかくサーキットに観戦に来てくれるファンにも申し訳ない。僕らが天気をどうすることもできないけれど、鈴鹿では晴れて欲しいものだね。応援してください!

戻る