ENTERTAINMENT

  • CK Lady Circuit Blog
May 29, 2019
口惜しさと思い出と。
“サーキットに残る12号車が忘れられず!

前回のRd.2富士終了後から「にわちゃーん!」「奏恵ちゃん」と名前で呼んでいただける機会が増えてとても嬉しいです!

ステージ出演時のパフォーマンスでは全てのステージで間違えることもなく、しっかりとでき、そして緊張せずに出来るようになったことは私にとってかなり大きな成長であり経験でした!!

鈴鹿サーキットはこれまでのサーキットとは違い平地にあり、街の中にサーキットがあるのでより身近にレースを感じられました。また遊園地が併設されているので観覧車もサーキットから見ることができて新鮮でした!ヽ(^o^)丿

夕食は、今回は三重県津市の名物である鰻をいただきました。今まで食べた鰻の中でいちばん美味しかったです!これまでの2戦はスタート前に豪雨になりましたが、鈴鹿ではお天気に恵まれました!星野監督、佐々木選手、ロシター選手、皆さん自信に満ち溢れていて、「今回はいい雰囲気だ」と語って下さいました。レースの結果は予選4位、決勝10位。接触によるエンジン故障で止まってしまった”カルソニックIMPUL GT-R”を見るのは辛く、本当に悔しかったです。この悔しさをバネに次のRd.4タイ戦はもっともっと応援したいと思います!!

MESSAGE
まだ5月なのに真夏のような暑さでしたね。猛暑の中、応援ありがとうございました!皆さんのほうが炎天下にいらっしゃるにもかかわらず、私たちの体調を気にかけて下さり、お優しさが身に沁みた2日間でした。本当にありがとうございます。<(_ _)>
第4戦はタイで行われます。足を運んで下さる方も、日本から応援して下さる方も一緒に、より熱を高めて応援をお願い致します!タイはさらに暑いそうですが暑さに負けずに力を入れて応援したいと思います!(^.^)/~~~
丹羽奏恵
思い出深い鈴鹿サーキット!

第2戦の富士から3週間、今回の鈴鹿戦は色々と思い出と悔しさが残るレースとなりました!

前回の富士サーキットには家族もかけつけてくれて、それ以来、家族や周りの友人が”カルソニックチームインパル”のファンになっていました!

第3戦にもなり、少しづつステージでも緊張せずに皆さんのお顔やカメラを見ながらお話できるようになってきました!(^^♪

「ゆうちゃーん」と名前を呼んでもらえることも多くなり、とても嬉しく、皆さんにステージや撮影会でお会いできるのがたのしみになっています!鈴鹿サーキットにはとなりに遊園地があったので、夕方になると夕焼けと観覧車が見え、いつものサーキットの空気感とは少し違った雰囲気で新鮮さも感じられました。今回はとても暑い中のレースとなり、予選4位、決勝10位という悔しい結果となりました。

次戦のRd.4タイまで1ヶ月と少し期間がありますので、また気持ちを切り替えて、気を引き締めて、引き続き全力で応援をしていきたいと思います!!!(^^)!

MESSAGE

皆さん、鈴鹿サーキットへ足を運んで頂きありがとうございました!2日間ともお天気に恵まれましたが、とても暑い中での応援となり、ファンの皆さんの体調も心配でしたが、皆さんとても元気に明るくお声掛けしていただき、私達がパワーを分けて頂きました!
鈴鹿サーキットではカルソニック応援団の方々に”カルソニックTEAM IMPUL”応援旗を振らせて頂き、とても貴重な経験ができて楽しかったです!次戦のRd.4タイでも暑さに負けない応援を皆さんと一緒にできたらなと思います!(^O^)/

三室 侑